シェイプアップ・ダイエット・ストレッチ運動に効果的、トレーニング&エクササイズフィットネス機器?からだや住環境の悩みを解決するボディケア・空気清浄機などハウスケアを提案

 

Topページ  >  健康ライフサポーター

西林素子 西林 素子 [ダンサー・振付師]
 
1980年生まれ。3歳からジャズダンスを、4歳からクラシックバレエを始める。
東京大学文学部で美学芸術学を専攻しながら、イベントやTVなどでダンサーとして活躍。卒業後、塾の講師を経て劇団四季へ入団。退団後は舞台出演や振付をしながら、ダンス講師としても活動。2009年よりエアロライフのアドバイザリースタッフを務める。
 
[主な出演作品]
『ライオンキング』『地球ゴージャスHUMANITY』『キャバレー』『PALJOEY』など。
2011年8月には劇団EXILE『レッドクリフ―愛』に出演。

2009年07月22日号:
   夏の食事

梅雨が明けました。
毎日青空の下で太陽の光を浴びられるってなんて素敵なのでしょう!
夏が大好きで、夏らしいお天気だとわくわくしてしまう私にとっては素晴らしい時期です。


...が。
ここ数年、その高揚する気持ちに身体がついていききれなくなってきました。
今年もすでに夏ばて気味な感じがしております。
私の場合は、特に睡眠不足が応えている感じですね。
昼間の暑いのは全然苦にならないのですが、夜暑くて寝苦しいのが駄目なのです。
そこで、エアコンつけるのですが、つけっぱなしで寝ると翌朝身体がだるく、
消して寝ると部屋が東向きなため、日の出とともに目が覚めてしまうのです。

前回にお話ししたように、きちんと汗をかいて体温調節機能を正常に保ち、
身体を冷やさないように心がけても、まだ何かが足りないということなのですね。


それは栄養です。
冷房の影響を受けにくい元気で健康な身体を保つには、いつもにましてバランスのとれた
食事を心がけなくてはなりません。
でも夏ばてでしんどいときに、いろいろ考えてメニューを作るって面倒ですよね。
今回は、一番気にすべき栄養素に焦点をしぼります。

まず、つねに身体を内側から温めておくこと。
そして、身体が受けたダメージを、早く回復できるようコンディションを整えておくこと。
これができれば「冷房病」の症状を最小限に食い止められます。
それを助けてくれる栄養素、それがビタミンB1です。


ビタミンB1は、炭水化物の糖質がエネルギーに換える役割をしています。
夏の体調不良「冷房病」に一番よく見られる症状は倦怠感や疲労感ですが、
これはエネルギーの不足からくるもの。
ビタミンB1を摂取することにより、疲労が回復し、過酷な周囲の環境に対応できるよう
身体をよい状態に保っておくことができるのです。

ビタミンB1が多く含まれる食品は次のようなものです。

肉類
食品名mg/100g食品名mg/100g
豚ヒレ肉0.98mgソーセージ0.51mg
生ハム0.92mgベーコン0.47mg
すっぽん0.91mgかも0.40mg
豚もも肉0.90mg鶏肝臓0.38mg
豚ロース0.69mg豚肝臓0.34mg
豚かた肉0.66mgフォアグラ0.27mg
豚かたロース0.63mgウインナー0.26mg
豚ばら肉0.54mg牛肝臓0.22mg

穀類
食品名mg/100g食品名mg/100g
小麦胚芽1.82mg玄米(穀粒)0.41mg
即席中華めん0.55mgきりたんぽ0.20mg
そば粉0.41mgあわ(精白粒)0.20mg


豆類
食品名mg/100g食品名mg/100g
きな粉(全粒大豆)0.76mg枝豆(ゆで)0.24mg
グリンピース(ゆで)0.29mg大豆(ゆで)0.22mg
えんどう(ゆで)*0.27mg  

種実類

食品名mg/100g食品名mg/100g
ひまわりの種1.72mgくるみ0.26mg
カシューナッツ0.54mgぎんなん0.24mg
ごま(いり)0.49mg落花生(いり)0.23mg
ピスタチオ0.43mgマカダミアンナッツ0.21mg

魚介類
食品名mg/100g食品名mg/100g
うなぎの蒲焼0.75mgしまあじ0.25mg
たらこ0.71mgしらこ0.24mg
かつお節0.55mgずわいがに0.24mg
こい0.46mgぶり0.23mg
イクラ0.42mg魚肉ハム0.20mg
しゃこ0.26mg魚肉ソーセージ0.20mg

藻類

食品名mg/100g食品名mg/100g
ほしのり1.21mg味付けのり0.61mg
あおのり(素干し)0.89mg岩のり(素干し)0.57mg
りしりこんぶ(素干し)0.80mgまこんぶ(素干し)0.48mg
焼きのり0.69mgほしひじき0.36mg

※健康栄養情報研究会 『第六次改訂 日本人の栄養所要量?食事接種基準』より

この数値は、同じグラム数当たりの含有量を比較したものなので、一度に大量に食べられ
ない種実類や藻類はビタミンB1の大量摂取という意味ではちょっと向いていないですね。

そして、ビタミンB1の接取を効率よく助けてくれるのがニンニクやニラ、ネギなどに多く
含まれるアリシンという物質なので、これらの食品も一緒に摂るとなお効果的です。

おいしくビタミンB1を摂取して丈夫な身体を作り、暑い夏を楽しく満喫してください!

ページトップへ