シェイプアップ・ダイエット・ストレッチ運動に効果的、トレーニング&エクササイズフィットネス機器?からだや住環境の悩みを解決するボディケア・空気清浄機などハウスケアを提案

 

Topページ  >  健康ライフサポーター

西林素子 西林 素子 [ダンサー・振付師]
 
1980年生まれ。3歳からジャズダンスを、4歳からクラシックバレエを始める。
東京大学文学部で美学芸術学を専攻しながら、イベントやTVなどでダンサーとして活躍。卒業後、塾の講師を経て劇団四季へ入団。退団後は舞台出演や振付をしながら、ダンス講師としても活動。2009年よりエアロライフのアドバイザリースタッフを務める。
 
[主な出演作品]
『ライオンキング』『地球ゴージャスHUMANITY』『キャバレー』『PALJOEY』など。
2011年8月には劇団EXILE『レッドクリフ―愛』に出演。

2009年11月18日号:
   部屋の空気をきれいに 2

こんにちは!

いかがお過ごしですか?


今週でいよいよ11月が終わり、今年も残すところわずか一ヶ月となりました。


新年の空気って気持ちよくて大好きです。
街の空気がきれいに澄み、ひっそりとしていて、空がどこまでも透明に青く、寒いけれ
どもその寒さが心地よく身を引きしめてくれます。


そんな新年の空気を部屋の中でも味わえるように、師走に向けて部屋の空気をきれいに
していきましょう。

そこで、前回の続きです。
前回は、目に見えないハウスダストがどれだけ室内に存在しているかをお話しました。
今回は、ハウスダスト対策について。


室内のハウスダストを減らすためには、大きく分けて二つの方法があります。
それは、

1. ハウスダストの発生を防ぐ
2. 発生してしまったハウスダストを取り除く

ということです。

言葉にすると拍子抜けするくらい簡単ですね。

まず、1つめについて。
ハウスダストの主な成分はダニの糞や死骸なので、おおもととなるダニの発生を抑える
ことが、ハウスダストの量を減らすことにつながります。

ダニが好んで住むのは、布団、クッション、絨毯、ソファ、ぬいぐるみ等の布製品です。
使わなくてすむものは室内に置かないようにし、使うならば定期的に選択したり乾燥機
にかけて高温殺菌したりしましょう。

そして、ダニが成育しやすいのが高温多湿の環境です。
冬には暖房と加湿器が欠かせませんが、これらの過剰な使用がダニの発生と繁殖を促進
してしまいます。
定期的に窓を開けて換気をする習慣をつけましょう。
よく晴れた日には家中の窓を開け、換気扇をつけて、押し入れも開け放って空気を乾燥
させましょう。
浴槽や台所などを使用し終わった後に水滴をふき取ることも、湿度コントロールに役立
ちます。

このようにして、ダニの発生、繁殖を抑えておいて、それでも出てしまったハウスダス
トを取り除きます。

これはなんといっても、こまめに掃除をする、それにつきます。

まず、ホコリを舞い上げないよう、先に拭き掃除をしてから掃除機をかけます。
舞い上がったホコリは室内を浮遊し、しばらくして再び室内に降り積もってしまうため
です。

次に、絨毯や畳の奥に潜んだダニやダニの死骸・糞を吸い出すため、掃除機はなるべく
ゆっくりと時間をかけてかけます。
このとき、必ず窓を開け、掃除機の排気口をなるべく窓の方に向けましょう。

壁や天井、カーテンにもホコリが付着しています。何回に1回は掃除機をかけたり、
カーテンを洗濯したりするとより効果的です。

そして、皆さんのハウスダスト除去のお手伝いにお勧めしたいのが、当社の『エコブリーズ』です。

いくら気をつけても取りきれない空気中のハウスダストをしっかりキャッチしてくれ
る心強い見方です。

詳しくは製品ラインナップをご覧ください!

ページトップへ