シェイプアップ・ダイエット・ストレッチ運動に効果的、トレーニング&エクササイズフィットネス機器?からだや住環境の悩みを解決するボディケア・空気清浄機などハウスケアを提案

 

Topページ  >  健康ライフサポーター

西林素子 西林 素子 [ダンサー・振付師]
 
1980年生まれ。3歳からジャズダンスを、4歳からクラシックバレエを始める。
東京大学文学部で美学芸術学を専攻しながら、イベントやTVなどでダンサーとして活躍。卒業後、塾の講師を経て劇団四季へ入団。退団後は舞台出演や振付をしながら、ダンス講師としても活動。2009年よりエアロライフのアドバイザリースタッフを務める。
 
[主な出演作品]
『ライオンキング』『地球ゴージャスHUMANITY』『キャバレー』『PALJOEY』など。
2011年8月には劇団EXILE『レッドクリフ―愛』に出演。

2010年08月04日号:
   水分補給について

毎日暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

こう暑いと、運動するときにはよくよく体調管理に気をつけないといけませんね。
私も2コマ続きでダンスのクラスを教えていた時、幸い大事には至りませんでしたが、
話しながら一瞬ふっと視界が暗くなり、足元からさっと血の気が引くのを感じたことが
ありました。

熱中症は誰にでも起こりうる症状です。
せっかく身体を健康に美しく保つために運動しているのに、その運動が原因で体調を崩
してしまったり、悪い時には死の危険と隣り合わせになったり、というのでは本も子も
ありません。

今回は、熱中症を防ぎ、安全に運動するための水分補給についてお話します。

みなさんは、運動するときにどんな飲み物を召し上がっていらっしゃいますか?

私はこの数年ずっと水を飲んでいました。
体重が増えすぎてダイエットに励んでいた頃のなごりで、「スポーツドリンクは糖分が
含まれているから飲むと太る」という気持ちがどこかにあったんですね。
日常生活では水をどんどん飲んだ方が身体にいいのは確かですし。
そして、実際それで何事もなくやってこられていたのです。

でも先日、これが熱中症の兆しかもしれないという症状を経験してから、恥ずかしなが
ら初めて熱中症についていろいろ調べてみましたが、暑い中での長時間の運動で大量に
汗をかくときは、ミネラルを含んだスポーツ飲料の方が熱中症の予防に効果的なのです。

ちょっと考えてみれば当たり前のことですね。
汗をなめてみるとしょっぱいですが、これは体内のミネラルが汗と一緒に外に出されて
いるからであり、そんな中、水ばかり補給しても、体液はどんどん薄まって水っぽくな
っていくだけです。


そんなときに、手軽にミネラルを摂取できるのがスポーツ飲料で、アイソトニック飲料
とハイポトニック飲料の2つがあります。

アイソトニック飲料は、体液と浸透圧が同じで、ハイポトニック飲料は、体液より浸透
圧が低いもの。
浸透圧の低いハイポトニック飲料の方が飲んでからすぐに身体に吸収されるので、運動
中の水分補給に適しています。
アイソトニック飲料を水で薄めて飲んでも同じ効果が得られます。

運動する1時間から30分前に、アイソトニック飲料でミネラルおよび糖を補給してお
き、運動中はハイポトニック飲料(あるいは水で薄めたアイソトニック飲料、めんどく
さければアイソトニック飲料と水)を少量ずつ頻繁に摂取する。
これが熱中症の危険を回避するためには効果的です。


私も最近実践していますが、水だけを飲んでいた時と比べ、確かに身体が疲れにくいし、
集中力も持続します。


安全で効率的な運動を行うために、どうぞ適切な水分補給を行って下さいね。


なお、スポーツドリンクが適しているのはあくまでも運動するときであり、運動してい
ない日常生活で渇きを癒すためにスポーツドリンクをたくさん飲んでしまうと、カロリ
ー過多になってしまいますから気をつけて下さい。

では健康で快適な夏休みをお過ごしください!!

ページトップへ