シェイプアップ・ダイエット・ストレッチ運動に効果的、トレーニング&エクササイズフィットネス機器?からだや住環境の悩みを解決するボディケア・空気清浄機などハウスケアを提案

 

Topページ  >  健康ライフサポーター

西林素子 西林 素子 [ダンサー・振付師]
 
1980年生まれ。3歳からジャズダンスを、4歳からクラシックバレエを始める。
東京大学文学部で美学芸術学を専攻しながら、イベントやTVなどでダンサーとして活躍。卒業後、塾の講師を経て劇団四季へ入団。退団後は舞台出演や振付をしながら、ダンス講師としても活動。2009年よりエアロライフのアドバイザリースタッフを務める。
 
[主な出演作品]
『ライオンキング』『地球ゴージャスHUMANITY』『キャバレー』『PALJOEY』など。
2011年8月には劇団EXILE『レッドクリフ―愛』に出演。

2010年12月08日号:
   体温の話 1

一日ごとに朝晩の寒さが身にしみる季節になりました。

いかがお過ごしでしょうか。

こんなに寒いとできるだけ動かずに暖かい家に閉じこもってじっとしていたくなりますよね。

「冬の間は運動しないことにしよう、寒いから。」

なんて、胸の内で独り言をつぶやいたりしていませんか?

でも、思い出してみて下さい。

小学生の頃、どんなに寒い日でも昼休みになると、「全員外で遊んできなさい!」と先生に教
室から追い出され、最初は寒さに震えながら、いやいやドッジボールや手つなぎ鬼やけいど
ろを始め、でも校庭を走り回って遊んでいるうちに、いつのまにか汗をびっしょりかいて、身体
のすみずみまで暖かくなった、そんな経験はだれでもあると思います。

そして、そういう生活を送っていた当時、今よりも確実に冬の気温は低かったはずなのに、今
よりも薄着で生活していませんでしたか?

真冬でも、男の子は半ズボンの子が多かったですし、女の子はスカートで、タイツなんかはか
なくてもへっちゃらでした。

今はどうでしょう?

さかんに暖冬、地球温暖化が叫ばれていますが、街中で人々が着こんでいる洋服の枚数は
増えているように感じませんか?

最近、"低体温"という言葉がさかんに聞かれるようになりました。

子供も大人も、平熱が低い人が増えているというのです。

平熱が何度以下だと低体温、というはっきりとした定義づけがされているわけではありません
が、35℃代というのがだいたいの目安になっています。

最近平熱を測ったことはありますか?
こどものときの平熱をそのまま今の自分の平熱だと思って過ごしていませんか?

気になった方はご自分の平熱を測ってみて下さい。

本来、人間の体内では食物の摂取や運動によって熱が生産され、自律神経系の働きによっ
て体温が一定に保たれるようにコントロールされています。

この仕組みがうまく機能しなくなると、体温が低くなってしまうのです。

栄養や運動が不足することで熱が十分に体内で生産されず、その上冷暖房の完備された環
境や絶え間なく受け続けるストレスによって自律神経がうまく働かなくなり、体温が低下しま
す。

体温が低い状態が続くと、免疫力が低下して病気になりやすくなり、基礎代謝が低くなるので
太りやすくなり、エネルギー効率が悪くなるので疲労感、倦怠感が常に感じられるようになり
ます。

そうすると余計運動をしたりバランスのとれた食事をしっかり摂るのが億劫になり、ストレスが
重なって自律神経がよりバランスを崩し...

どんどん悪循環にはまっていってしまいます。

次回は、どのようにしたら低体温を防げるのかお話します。

ページトップへ