シェイプアップ・ダイエット・ストレッチ運動に効果的、トレーニング&エクササイズフィットネス機器?からだや住環境の悩みを解決するボディケア・空気清浄機などハウスケアを提案

 

Topページ  >  健康ライフサポーター

西林素子 西林 素子 [ダンサー・振付師]
 
1980年生まれ。3歳からジャズダンスを、4歳からクラシックバレエを始める。
東京大学文学部で美学芸術学を専攻しながら、イベントやTVなどでダンサーとして活躍。卒業後、塾の講師を経て劇団四季へ入団。退団後は舞台出演や振付をしながら、ダンス講師としても活動。2009年よりエアロライフのアドバイザリースタッフを務める。
 
[主な出演作品]
『ライオンキング』『地球ゴージャスHUMANITY』『キャバレー』『PALJOEY』など。
2011年8月には劇団EXILE『レッドクリフ―愛』に出演。

2011年02月23日号:
   ぶるぶるボディビート1

大雪が降ったり、かと思えば春のような気候になったり、そして気がつけばもう2月も
終わり。

今朝、ベランダのプランターに水をやっていたら、とても鮮やかできれいな黄緑色の新
芽が顔をのぞかせているのを発見しました。

春はもうすぐそこまで来ているようです。

毎年、春から夏へと移り変わる頃、服装が薄着になる時期になると、夏に向けたダイエ
ット特集がにぎやかに始まりますが、そのときに張り切っていろいろ始めても時すでに
遅し、結果が出る前にあっという間に夏がやってきてしまい、「今年はもう時間切れだ
からあきらめて、来年の夏こそはがんばろう...」胸の内でそう小さく呟いた経験はあり
ませんか?

そして、そのときにあんなにかたく決意したはずなのに、次の年の初夏の時期になるま
でそのことを忘れ、また同じ現象が起こってしまう...誰でも思い当たる節があるのでは
ないでしょうか。

もちろん、私もあります。

身体は、変えようと思って意識すれば必ず変わっていきます。
それは確かなことです。

でも、身体が変わるためには、やっぱりある程度の時間が必要です。

半袖、あるいは袖なしの服を気持ちよく着こなすためには、春がやってくる前に何かを
始めなくてはならないのです。

上半身、特に背中や二の腕の内側は、普通の生活ではほとんど使われていません。

筋肉は使わなければどんどん衰えていき、そうするとその部分は血流が悪く、脂肪がた
まりやすくなってしまいます。

冬の間はなかなか上半身のラインがくっきり出るものを着る機会も少ないですし、そも
そも自分の後ろ姿はなかなか鏡に映して見ることがないので、前から見るとほっそりし
たスタイルを保っているように見えても、実は後ろ姿を見ると背中に贅肉がついてぽっ
ちゃりしているということがあります。

自分から見ても人から見ても美しい後ろ姿、これは夏の装いには欠かすことのできない
重要なアイテムです。

背中や二の腕をシェイプアップする、と言われて、どんなことを思い浮かべますか?

多くの人が、ダンベルでの筋力トレーニングや、腹這いになったところから上体をそら
せる背筋運動を思い浮かべると思います。

でもそういうトレーニングは、えてして普段運動をしない人にとってはハードでコンス
タントに続けづらいですし、続けられたら続けられたで、特に二の腕などは隆々と筋肉
がついてかえって太く見えてしまったりします。

エアロライフが3月に発売する新製品"ぶるぶるボディビート"は、このような悩みを
解消するために生まれました。

次号で詳しくご紹介させて頂きます。

ページトップへ