シェイプアップ・ダイエット・ストレッチ運動に効果的、トレーニング&エクササイズフィットネス機器?からだや住環境の悩みを解決するボディケア・空気清浄機などハウスケアを提案

 

Topページ  >  健康ライフサポーター

西林素子 西林 素子 [ダンサー・振付師]
 
1980年生まれ。3歳からジャズダンスを、4歳からクラシックバレエを始める。
東京大学文学部で美学芸術学を専攻しながら、イベントやTVなどでダンサーとして活躍。卒業後、塾の講師を経て劇団四季へ入団。退団後は舞台出演や振付をしながら、ダンス講師としても活動。2009年よりエアロライフのアドバイザリースタッフを務める。
 
[主な出演作品]
『ライオンキング』『地球ゴージャスHUMANITY』『キャバレー』『PALJOEY』など。
2011年8月には劇団EXILE『レッドクリフ―愛』に出演。

2009年03月18日号:
   太もものシェイプアップ 1

 こんにちは!日に日にあたたかくなるのを感じますね。空気もだんだん春の匂いがしてきています。筋肉がだんだんゆるみ、心地よさそうに喜んでいます。身体が活動的になる季節です。

 さて、みなさんは自分の身体の中で、どこが一番気になりますか?おなか、二の腕、背中、おしり、太もも、ふくらはぎ...いろいろ悩みはつきませんよね。今回は、太ももに焦点を当ててみようと思います。

 今までご自分が挑んできたダイエットを思い返してみて下さい。成功して体重が減ったり洋服のサイズがダウンしたりしたこともあったと思いますが、そんなとき、太ももは細くなったでしょうか?上半身はすごくやせたけれど、太ももはあまり変わらず、身体がアンバランスになってしまったことはありませんか?

 私はもともと太ももが太く、どうにかして細くなろうと必死で足のトレーニングをしましたが、やればやるほどがっちり太くなってしまい、往生しました。パンツのサイズが、ウエストに合うようにすると太ももでひっかかるので、仕方なく太ももが入るものをはくとウエストがぶかぶかでベルトでキュッと締めるので変なしわができてパンツのラインが崩れてしまうのです。

 それが最近変わってきました。その原因が内転筋。

 内転筋とは、ものすごく大まかにいうと、太ももの内側についていて足を閉じる動きをするときに働く筋肉です。骨盤と大腿骨をつないでおり、股関節を正しい状態に保ってくれています。内転筋が弱いと、左右の大腿骨がどんどん離れていき、O脚の原因になります。内転筋の弱い太ももでは、特に前面や外側の筋肉たちが、足がとどこおりなく運動できるように、非力な内転筋を補おうと頑張り、どんどん太く、たくましくなってくれるのです。そうすると内転筋はますます怠けて力を出し惜しみするようになり...あとはこの繰り返し。悪循環です。こうして、外側や前面にしっかり筋肉がつき、内側は脂肪がついてゆるんだO脚気味の太ももが姿をあらわし、日々刻々とその傾向を強めていくのです。

 これが20歳前半までの私の太もも。O脚もひどかったですね。足を閉じて立っても、こぶし一個分、膝が開いているんです。椅子に座れば足を閉じていられずに大股開きになってしまうし。その頃の写真をお見せできたらいいのですが、そんな絶望的な足が記録に残ったりしないよう必死で阻止していたので、見事にないんですよ。よくダイエット商品やO脚矯正商品の広告でありますよね、使用前、使用後の変化を表す写真が。そんな感じでこのブログの信憑性を飛躍的に高める効果があったと思うのですが...残念!

ジャズダンスでもクラシックバレエでも、どんな動きでも足を動かす時には内転筋を働かせるのが基本なのですが、その同じ動きが、内転筋をまったく使わないで太ももの他の筋肉の働きだけでなんとかなっちゃうものなんです。どこの筋肉を使うエクササイズなのか理解しないまま、ひたすら先生の身体の動きを真似しようとしているだけでは間違った筋肉ばかり使ってしまいます。

 大学生になり、あるバレエの先生に出会ってそれが変わりました。その先生は、バレエのそれぞれの動きを、筋肉の働きと関連させて教えてくれました。稽古場に全身の筋肉解剖図や骨格模型を持ち込み、それを使って説明するのです。

 頭で理解はしたものの、それまでに怠け癖のついた内転筋はなかなか働いてくれず、仕事が命!の猛烈サラリーマンのような前ももや外ももの筋肉たちはなかなか有給休暇を取ってくれず、それから7、8年の年月が流れ...。最近、「あれ?太もも細くなってる。膝が、ついてる!」と、突然気づいたのです。ひたすら内転筋を使おうと意識し続けた結果です。他に何もしていませんもの。

 ...ここまで読んで、「そんなに気の長いシェイプアップ方法求めてないって!!」と突っ込みをいれて下さった方、多いと思います。ですよね!今までに長々と書いてきたのは、内転筋の強化によって、私の足が実際に細くなり、O脚が軽減された、ということを訴えたいからであって、それくらい長い努力をしたのだ!という自慢をしたいからではありません。私の場合、長年内転筋以外の太ももの筋肉達をご丁寧にも強化しており、それらを使う身体の動かし方が癖になってしまっていたために、正しいバランスを取り戻すのに余計な時間がかかってしまっただけのこと。(もちろん今もその途上にあります。) そんなに集中的に運動をしていない方はもっと短期間で内転筋を強化することができます。

 その方法は、次回です。だって、文章が長くなりすぎてしまったんですもの。4月8日にまた会いしましょう。

ページトップへ