シェイプアップ・ダイエット・ストレッチ運動に効果的、トレーニング&エクササイズフィットネス機器?からだや住環境の悩みを解決するボディケア・空気清浄機などハウスケアを提案

Topページ  >  スマートダイエットのススメ

スマートダイエットのススメ監修:田中喜代次(たなか・きよじ) スマートダイエットのススメ監修:田中喜代次(たなか・きよじ)

筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻)教授
教育学博士(筑波大学)
肥満研究を1984年に大阪ガスの協力を得て開始して以来,今日まで継続中,また1990年より虚血性心疾患・高血圧などの循環器疾患に対する院内運動療法(生き方上手支援)を民間病院内で継続している.3ヵ月で体脂肪8kg,ウエスト8cm,活力年齢8歳の若返り効果を見積もり,それを確実に実現する生活習慣病予防事業「スマートダイエット」は,全国で大好評を博している.2008年,中高年者の運動プログラム作成の功績に対して,秩父宮記念スポーツ医科学賞を受賞した。
 
国際老年運動学会(International Society of Aging and Physical Activity)理事,アメリカスポーツ医学会(American College of Sports Medicine)評議員,日本体力医学会,日本体育学会,日本運動生理学会の理事など国内外において要職を多数務める。

 

   第10回: 内臓脂肪を効率よく減らす工夫

減量のための総エネルギー摂取量は3食+間食+飲み物で考え、夕食を減らしましょう。総エネルギー消費量は"強度×時間×頻度×期間"で考えましょう。しかし、内臓脂肪を減らさなければならない人が運動を習慣化する場合、現実的にはいくつかのリスクが伴います。たとえば、急性疾患の早期発症や膝・腰などの整形外科的傷害の発生のほか、減量困難性に伴う減量意欲の喪失などです。そのため、安全かつ確実に内臓脂肪を減らしたいのであれば、食事改善を徹底することが第1の選択肢です。
 
(1) 全体のエネルギー摂取量(飲食量)を減らす。
フォーミュラー食も好みに応じて可。(フォーミュラー食とは粉末状の食品であり、水に溶いて摂取する。ビタミンやミネラルをバランスよく含み、高タンパク質、低カロリーなのが特徴。)
(2) 食事の栄養バランスを見直す。主食、主菜、副菜をそろえる。糖質は300 g/日なら150 g/日に。脂質は20~25 g/日にする(獣肉などによる飽和脂肪酸の摂り過ぎに注意する)。たんぱく質は良質のもの(卵・牛乳・大豆類・脂身の少ない肉・魚介類)をとる。野菜・海藻類を十分にとり、芋類・果物類は1日80kcalを目安に。
(3) 食後に運動する(無理のない程度に!)。 
毎日の運動量は多いほどよい。
(4) 1日の歩数を増やす。 
全身の筋肉をまんべんなく使う・入浴でリラックス
(5) 水分(水や茶)を2L/日ほど飲む。
(6) 減量のペースは、1ヵ月に2~4 kg、腹囲で2~4 cm程度。
(7) 就寝2時間前までに夕食を済ませる。
 
このようなことを実践して減量しても、リバウンドは起こります。リバウンド防止のためには、脳の減量スイッチをONにして、常に食べすぎず、そして運動不足にならないよう自己管理を徹底することです。食事は腹8分目に留め、仲間とともに汗をかく程度まで運動が楽しめる方法を各自に見つけることが理想です。

( 2010年06月16日 更新 )   

ページトップへ

新規取引ナビ
健康ライフサポーター
WEB番組

エアロライフ:フィットネス エアロライフ:リビング エアロライフ:ボディ
エアロライフ:シニア

ホームジャンピング アクアバランサー sakana くびれツイスターQ ヨガマット 内転筋 モーションナビ ぶるぶるボディビート 骨盤ストレッチナビ コアビクサー 内股シェイプスライダー ターンステッパー サイドステッパー シーソーステッパー オービットトレーナー トレーナーバイク スタイリストバイク ジム&スマートボール ヨガマット&ストレッチボード ケアウィン エコブリーズ-S エコブリーズ bshaper リバイシス:EXラインα リバイシス:モイスチャーサポートシリーズ 脱毛器 ライトカレス ロンキャミ☆ウォーマー ツインステップ モーションナビ 骨盤ストレッチナビ イルカ印☆転倒防止スリッパ あんしん サラットショーツ